ヴィーガンになって手に入れたもの

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1326445047471095&id=100003168387180

頭ではやらなきゃと思ってるのに、めんどくさくてやりたくなくて泣きそうな事が生活にはたくさんあって、

でも、生活というのは、必要だと思い込まされているだけで実はぜんぜん必要じゃない事に満ちみちているので、そう感じるのは当然だと、

今は思います。これはVEGAN生活をしていて、思えるようになりました。洗脳に満ちた生活というのは、動物実験された使わない方がずっといいものや、健康のためと思われているけれど実はやらない方がずっといい事や、体に必要だと思われているけれど食べない方がずっといいものの方が多いくらいだと思います。

必要だと思い込まされてそこに、エネルギーや、時間や、お金を注がされてしまっている。それをやる時間やエネルギーだけじゃなくて、それが躰に悪いだけじゃなくて、それを買うために働いた時間やエネルギーもそこに注がれてしまうのですから、膨大な消耗です。

でも、人間というのは実は無意識にかなりの事をわかっていて、頭は思い込まされていても、心の深いところや、細胞の一個一個や、躰内に住む無数の微生物たちは、そんなことを求めない。反発する。拒絶する。嫌がる。やるまいとする。それで葛藤してよけいに消耗します。

もう、そんな悪い夢からは目覚めたい。心の平和を手に入れたい。VEGANになることで半分くらいは手に入ったようにも思えるのですが、あと半分も出来れば手に入れたいです。

画像

photo by 杉田誠一 at Bitches Brew

"ヴィーガンになって手に入れたもの" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント