沼、ペットボトル、大事件

沼で、いつものように水色のトングと袋を持ってごみ拾いしてたら(その時は踊ってなかったw)、沼のはずれの仮設トイレから2歳くらいの小さな男の子を連れた、30代くらいの体格のいいお父さんが出てきて「すみません、これもいいですか?」と空のペットボトルを差し出した。 「あのー、わたしボランティアでやってるんで……お持ち帰りください」と言う…
コメント:0

続きを読むread more