ヤバいよ奇蹟起きてる

ちょっとした奇蹟がふたつ同時に起こってます。小さい奇蹟と大きい奇蹟。

小さい方もわたしにとっては、そんなに小さくもないですが、小さい方からいきます。

わたしは長年読書障害でほとんど本が読めなくなってました。Facebook始めて間もなくネット上の文字しか脳が受け付けなくなりました。

その前は本の活字がないと生きられないくらいだったのが、いきなりそんな風になったのです。それから6年くらい。それが、一昨日あたりから、また本が読めるようになって来ている。

もうひとうはもっとすごいです。
大きい方の奇蹟いきます。

何日か前にYou Tubeで見た近眼老眼によい目の体操のようなのをやって3日目くらいなんですが…………

見えるんです。

今三回目をやってあれ?と思い、窓を閉じて、裸眼で階段を降りて下の部屋や台所にも行ってみた。

やっぱり見える。いつもより。だいたい裸眼では、慣れている家の中でも危なくてあまり移動出来ないのに、すいすい移動している。

試しにダンボールの文字を読んでみる。この距離で読めるわけない文字が読める。

本を開いてみる。これは顕著でした。
うまく説明できませんが、わたしは裸眼だと片目ずつでしか活字を読むことが出来ない。
これは視力が、0.1以下の人にはわかるかも。

要するに、右目と左目の焦点を合わせて文字をひとつひとつの像として見るためには、最低……そうだな、20センチくらいかな………そのくらいの対象と目の間の距離が必要なのです。

ところが、視力が低すぎると、20センチ離れた文字はまったくぼやけてしまうので、それよりもっと近づけなければならない。

そうすると、両目で文字をひとつひとつの像としてとらえることはできないので、片目ずつ使うことになります。

と・こ・ろ・が

いま、わたし、両目で本を確かに読んだし、この投稿の文字もスマホで両目で打ってる。

小学校3年でもう目が悪くなり、たちまち0.1以下になり、何十年もそういう視力で生きてきたので、何が起きてるのかわかりません。

You Tubeのあの動画をあげた方は、恩人だな。若い眼科医のようでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント