ヴィーガンという選択

動物はもちろん、人間の弱者も踏みにじる「命よりカネ」「心よりカネ」の今の資本主義は、畜産や、動物を犠牲にする産業をベースに維持されています。

ヴィーガンという生き方は、腐敗しきって行き詰まった資本主義へのひとつの挑戦であり、解答でもあるのです。ヴィーガンがこのまま増え続けたら、今の資本主義の形は倒壊せざるを得ないでしょう。まさしく台所や個人の小さな生活の工夫や変容から始まる、人類史上最大の革命なのです。

資本主義でも社会主義でもない、カネよりも、命や心が大切にされる新しい世界の足音が聞こえませんか?わたしには聞こえます。それはまったく新しい世界でありながら、大切なものは大切にされるという、とても当たり前の世界です。

ヴィーガンがこのまま増え続けていくことは、世の中の最上部にいるものにとっては、真の脅威であり、同時に救済でもあるでしょう。彼らだって人間である限り、カネだけで満たされることは決してあり得ないのです。

けれど、ヴィーガンの人たちは、そんな大それたことは考えていないと思います。たいへん知的な方たちが多いので、軍需産業や医療・製薬、原発、生物兵器、洗脳教育………世の中のありとあらゆるひどいことと「畜産」という悪魔の所業との密接な繋がりはわかっていても、彼らにはそんなことは関係ないのです。

彼らはただ「動物たちを出来る限り苦しめたくない」から、ヴィーガンという、それこそ当たり前の選択をしているだけです。

わたしは、純粋なものや愛が勝利することを、疑っていません。わたしたちが、この人類史上未曾有の殺戮と残酷から足を洗い、人間か動物か植物かを問わず、また生物か無生物かも問わず、大切なものは当たり前に大切にされる、当たり前の世界を創造出来ることを、まったく、爪の垢ほども、疑っていません。

奴隷がいなくなっても世界がちゃんと機能しているように、家畜がいなくなっても世界はちゃんと機能します。必要なのは、生活が変わることを恐れずに楽しめるセンス、そして誰の中にもある当たり前の生命への愛、ほんのちょっぴりの勇氣、たったそれだけだと思います。

live photo by 柴田正継

画像


画像


画像


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック