細田麻央 ダンスと菜食の小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 変形性の膝関節症が治ってるな……

<<   作成日時 : 2018/04/27 02:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日はテーブルに腕をつくことも出来なかったのに、今日は早退とはいえお店でひとり施術して来てるし、物もつかめるし、持ち上がるし、とにかくヴィーガンになってから何でも回復が早いのね、スタミナもついたからいろいろやり過ぎるんで故障も前より多いけどねwwwwwww

それで氣づいたけど、変形性膝関節症ていうのに母が十年くらい苦しんでて、私も3年前になりかけて、私の場合は踊りで長年負担もかけてきたし、年齢だししょーがないと思ってたのに、今、すっかり治ってるのね。もぅそんなのになったのも忘れてたくらい治ってる。母はどうかというと、あんなにひっきりなしにいつも痛い痛いいってたし、杖もついてたのに、1年くらい前からぴたっと言わないし、杖なんか実家で埃かぶってるのね。

私は3年半くらい?(もうよくわからんwwwwwww)前に、母は2年前かな?ヴィーガンになって菜食なのね。二人ともこんな風に膝が治ったりよくなったりしてるんだけど、菜食以外によくなった理由が思いつけないわけなのよ。つまり、菜食は、変形性膝関節症にもどうやらいいらしい。膝の軟骨がすり減ったり、潤滑油の役目をするものが減ったりして、起こるものらしいんだけどね。それがなんで菜食で治るのかもようわからんけども。

まあ体への負担がガクンと減って、バランスを保ちやすくなるんだろから、何にでも効いて、当たり前なのかもしれないね。内臓系にも、免疫系にも、関節とかにも、美容にもね。

でもね、美味しいものをあきらめてまで、健康なんかいらないよって思うかもしれないね。だから言っとくけど、菜食になってからの方が、母も私も、前より美味しいもん食べてるwwwwwww明らかにwwwwwww理由はわからない。でも菜食になった人はたいてい、前より美味しいもん食べてるっていうね。なんでかな???だって不思議だよね。肉も卵も乳製品も魚も食べないんだから、前より食べられるもの減るはずなのに、やたら増えてて、前よりいろんなもん食べてるし。マジにこの点がいつも不思議なんだよ。

菜食になる前は何食べてたか思い出すと、なんかけっこういつも決まったもん食べてて、変わったものはたまーーにって感じだった氣がする。でも今は、3日おきくらいで、え!これ初めて食べるけど!どうやって料理しよう?とか、初めて食べるものをいただいたりとか、ヴィーガンの仲間が初めてのレシピを教えてくれたりとか、自分でネットで見つけたりとか、Facebookの「ヴィーガンな食卓」でこれ絶対やってみようっていうの見つけちゃったりとか、って、感じで、食の世界って広かったんだなーー!一生かけても探索しきれないなーーーみたいな。だってさ、胃袋の大きさも、一生の間に食べる回数や量も、だいたい決まってるもんねえ。

美味しいって大事よね。人間、かなりうちのめされてても、美味しいもん食べると、いやまた美味しいもん食べられるかもしれないからとりあえず生きようって氣に……、いや、私だけか、そういういやしんぼは?まあいいや。今日の食事もお金はかかってないけど、パンやクレープにあるもん乗っけて白いんげん潰して作ったチーズかけて焼いたり、ビーフンと野菜と野草を炒めたり、何てことないもので贅沢でもないんだけど、どれもどこか初めてで、どれもおいしかった



画像




画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
変形性の膝関節症が治ってるな…… 細田麻央 ダンスと菜食の小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる