細田麻央 ダンスと菜食の小部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴィーガンという生き方

<<   作成日時 : 2018/04/24 04:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヴィーガンというのは、肉とか卵とか乳製品とか魚とか食べないで、動物から取った皮膚とか毛とか羽とかもなるべく身につけないで、動物実験した物もなるべく使わないで、生きようとする生き方なんだけど、それやり始めて三年以上がたちます。いろんな事が変わった氣がする。まあ体調とかはもちろんだけどそれは置いといて。まず世界や世の中の見方が変わった氣がする。感じ方も。動物への感じ方はもちろん変わった。あと虫とか、微生物への感覚も変わった。あと植物への感覚もですね。人間関係とか人付き合いも変わったかな。踊りとか生活も変わったんだろうね。あと、見えないものへの感覚も変わったというか、見えないものに敏感になったかな。まあいいことも大変なことも両方たくさんあるのかもですね。まぁ大変なことも抱えたかもしれないけど、んじゃ、もしヴィーガンになってなかったら、明らかに体も壊してたろうし、もっとぐちゃぐちゃで大変であったことは目に見えるようにはっきりしている。よくも悪くも、これが運命だったんだろうと思う………私は生まれる前からこうなることになっていたんだと。こうなることを決めて生まれてきたんだろうと。最初の頃はヴィーガンという生き方を人に薦めたかったんだけど、今はそうでもない。自分がこれを生きればいいという感覚になってきてる。薦めたいという感覚は薄れてるけど、知らせたいという感覚はある。知る運命にある人に、情報を伝達する役目はいくらかは自分にあるのかもしれないなと。あとやってみたいけど、手助けが必要な人がいたら、出来ることがあればやりたいなと思う。世界はどっちにしてもそっちに向かって動いてると感じる。その中での自分の役割のようなものがあるのかもしれない。ないとしても、何となく、やらないと氣がすまないようなことはやらないと、死ぬ時に後悔するんだろうなとか。どっちにしても後悔だらけの人生ですけどね。でもちょっとはましに出来るかなとかねwwwwwww人生なんてちょっとでもましに出来れば上出来。過酷な物質世界というところでは、そのちょっとのましが価値があるんであって。踊りも自分独自のスタイルみたいなものは何とか出来た。これは私にしては本当に上出来だしよくやったものだと思う。でもトータルに、パズルのピースのようなものがいまひとつカチッと氣持ちよくハマらない。これが非常に大きな問題で、これがカチッといけば、未だに無意味にあがいて求めてる地位とか名声とかカネとか、心底どーでもよくなるんだろうなと思う。カチッという音が聞きたい。そしてハマったら二度と外れないことを望む。あとどのくらい生きるんだか知らんけど、それが長かろーが短かろーが、本当にそれを望む。心底望む。


https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1685523454896584&id=100003168387180



画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴィーガンという生き方 細田麻央 ダンスと菜食の小部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる